オリックス銀行は在籍確認ある?所得証明はいるの?

オリックス銀行カードローンは在籍確認が必ず行われます。しかし、在籍確認は本人に借り入れの意思があるかどうかを確認した後に行われるので、在籍確認の電話連絡を日時指定交渉が出来ます。
あなたが確実に電話を取れるタイミングで電話をかけてもらえば在籍確認も安心して受けられますよね。また、オリックス銀行は万が一他の人が電話を取ったときにもカードローン利用がばれるようなことは一切言わないので、会社の同僚や上司にばれる心配はありません。

↓オリックス銀行の職場連絡の対応例↓

非通知設定で在籍確認の連絡がかかってくる。

個人名で電話連絡を入れる。

契約者が席をはずしていても、在籍していることがわかればOK!

会社名を尋ねられても「オリックス銀行」の銀行名だけを答えてくれる。

契約者がカードローン利用することがばれないように、余計なことは一切言わない。

 

 

 

 

○○(オリックス銀行担当者)と申しますが○○さん(契約者)いらっしゃいますでしょうか?


 

 

 

 

○○はただいま席をはずしております。
○○は本日お休みをいただいております。 等


 

 

 

 

 

後ほど折り返しをさせていただきますので、もう一度会社名とお名前をお教えいただけますか? 等


 

 

 

 

 

 

オリックス銀行の○○です。よろしくお願いいたします。 等


在籍確認で重要なのはあなたが確実に電話をとれる時間帯に電話をもらえるようお願いをしておくことです。ですが、うまくいかないケースもありえますよね。そんなときでもオリックス銀行はカードローン利用がばれるような対応はとりません。
「保険の資料請求の確認。」だとか、「先日口座を作ったときに不備があったのかも。」等の言い訳を考えておけば疑われる心配もありませんね。
以下では、オリックス銀行が会社バレしない理由についてまとめてみようと思います。

オリックス銀行カードローンはばれないでキャッシングできる?

オリックス銀行カードローンは会社や家族にばれないカードローンです。

 

・オリックス銀行はなんでばれないの?
キャッシングがばれたくない方が最も気になるのは在籍確認ですよね。オリックス銀行カードローンは銀行カードローンなので在籍確認は必ずあります

 

オリックス銀行からの本人確認の連絡は利用者指定の番号にかかってきますが、カードローン審査通過後に行われる在籍確認は職場に電話連絡でかかってきます。職場への在籍確認を避けたい方がほとんどだと思いますが、これは絶対に避けることはできません。
しかし、

 

在籍確認でカードローン利用はばれません。

 

↓オリックス銀行の在籍確認の例↓

・担当者が会社名を伏せて個人名で電話をかけてくる
 「○○(担当者)と申しますが○○さん(契約者)はいらっしゃいますか?」等
・電話は非通知でかけてくる
・契約者がその場にいない場合でも、在籍が確認できればOK
 「○○(契約者)は本日休みをいただいています。」「○○は今席をはずしています」等
・もし会社名を尋ねられたら「オリックス銀行」と銀行名だけ答えるようにしている
・カードローン利用がばれるようなことは一切言わない

職場への電話連絡は、一部の消費者金融を除いて必ずかかってきます。本人確認の際に職場への連絡の日時指定などをお願いすると在籍確認もスムーズに済ませることができます。
また、会社名も問われなければ答えないので同僚や上司にばれる心配も少ないです。万が一会社名がオリックス銀行だと知られても保険の話等のいいわけを考えることができます

 

・家族にばれない?
オリックス銀行カードローンは、必要書類などの郵便物送付先を職場に設定することができます。職場に書類等が送られてくれば家族にキャッシングがばれることがないので安心です。しかし、ローンカードの送付は自宅にしか郵送されません。

 

書留で送られてくる書類なので、家族にばれてしまう可能性がここにだけあります。ただ、オリックス銀行から送られてくる封筒で
カードローン利用だとばれることはありません

 

カードローンの申込み時に在籍確認や所得証明は必要なの?

 

画像からも分かるように送られる封筒にはカードローンという言葉は一言も書かれていません。封筒を見てカードローン利用だとわかる人はオリックス銀行カードローンを利用したことがある人だけです。

 

保険の資料の請求や口座開設案内などの言い訳を考えてけば疑われることはないので、オリックス銀行カードローンは家族にもばれないカードローンなのです。

 

・その他ばれない為の注意
周囲にばれないように融資を受けれたとしても安心はできません。ローンカードの存在がばれてしまったり、返済の遅延などが合った場合には家や職場に書類や連絡が来ることもあります。
借入方法を口座振込にしてローンカードを使わない方法や、返済を滞らせないようにする注意も必要になるので注意してください。

 

※基本的には銀行カードローンも消費者金融のカードローンも郵便物に対しての配慮は欠かしません。ですが、簡易書留での郵送であったり、見覚えの無い封筒などの為家族に不審がられる可能性はあります。ローンカードの郵送と共に契約書などの書類も送られてくるので、家族のいない時間帯に送ってもらうように交渉してみるのもいいかもしれません。
郵送物についていろいろと説明させてもらいましたが、オリックス銀行カードローンは利用明細書が自宅に送られることは無いので、銀行振り込みでの借入が1番安全だと思います。

 

在籍確認は何を聞かれる?本人確認はいつするの?

カードローンの在籍確認は申し込みを済ませた後の審査時に申込者が本当に勤めているかどうかを確認してするためのものです。なので、本人が在籍確認の電話に出た場合に聞かれることは本人の名前と、申し込みしたのがあなたで間違いないのかを聞かれます。内容は本名の確認で済むところがほとんどですが、住所や生年月日を聞かれる場合があります。住所・生年月日を聞かれる個人電話が職場にかかってくることはほとんどありませんので、在籍確認で職場にカードローン利用がばれる場合にはその対応に違和感を持たれた後のあなたの返答でばれてしまうと言うことを覚えておきましょう。

 

また、申し込みをした後の本人確認の電話は在籍確認・本人の借入意思確認の後。審査通過を後に申し込みをしたのがあなたで、本当に借入の意思があるのかどうかを確認した後に契約を結ぶ為に必要な本人確認が行われます。

 

審査通過⇒借入意思確認⇒本人確認⇒契約

 

という流れでカードローンの契約は結ばれるので、在籍確認も本人確認も避けることは出来ません。

在籍確認のNGなお願い

在籍確認は法に則った方法で行われます。時に利用者からの無茶苦茶な要望をされたりもしますが、法に触れる要望には応えてくれません。在籍確認時に応えてくれる要望と応えてくれない要望について確認をしていきましょう。

 

・在籍確認のNG要望
在籍確認でのNGな要望は主に社名や銀行名を偽ることです。在籍確認は基本的に個人名で行われる為、銀行名や会社名を名乗ることはありません。しかし、電話を取った職場の方に聞かれてしまうと応えざるを得ない状況になってしまいます。
銀行の場合は銀行名を。消費者金融の場合は消費者金融とわからない名称でお答えしますが、この「銀行名」「別名」を偽って応えて欲しいという要望が少なくありません。
銀行名や社名を偽ってしまうと法に触れてしまいますので、このような要望には応えることができません。

 

・在籍確認で応えられる要望
在籍確認の際には応えてくれる要望もあります。
例えば申し込みのときにこの時間なら会社に入れて自分が電話に出れるから○○日の15時に電話をお願いします。など、在籍確認の電話をかける時間を指定することができます。
また、男性が借入をする際には個人名で女性から電話がかかってくると違った意味で怪しまれる心配もありますよね。そんなときには電話をかけてくるコールセンターの方の性別を指定することもできます。

 

カードローンサービスは利用者に親身になって対応をしてくれます。法に触れない要望であれば基本的に応えてくれますので、自分が何に不安を感じているのかを相談してみるといいですね。

在籍確認と所得証明が何故必要なのか?

在籍確認や所得証明が何故必要なのか。このことについて説明する必要は無いかもしれません。しかし、カードローン利用にあたり、この2つはとても重要な役割を果たすので、ここでは説明して行こうと思います。

 

在籍確認とは、カードローンに限らず、クレジットカードやマイカーローンなど、お金を借りる時には必ず必要になる「職場に在籍しているのか」を確かめる行為のことを指します。
そんなことをしなくてもちゃんと在籍してるわっ!と思う方もいるかもしれませんが、実際に在籍していない会社に在籍していると偽って申込をする方が存在するので、この確認をすることがなくなることはありません。
※カードローンサービスにおいて、在籍確認を行うことは義務となっています。どんなに拒んでも、在籍が確認できるまではカードローン利用をすることはできません。

 

主な方法としては電話で直接勤務先に在籍の確認を行います。このときに職場にカードローン利用がばれることを恐れる方もいますが、在籍確認においてカードローン利用がばれる(第三者に)ことを言ってしまうと、法律に触れることになってしまうので、電話内容でカードローン利用がばれることは100%ありえません。もしばれてしまったということがあるなら、それは職場に電話が来て、同僚などに疑われたときの利用者の態度の変化等でばれたことになります。
※銀行カードローン運営に対して当てはめられる法律は「銀行法」。消費者金融カードローンに当てはめられる法律は「貸金業法」となっています。どちらの法律も金融業を営む上で知り得た、利用者(契約者・契約申込者)の情報を第三者に漏らすことをきつく禁じています。万が一銀行や消費者金融が口を滑らせてカードローン利用の情報がばれるようなことがあれば、100%金融業者の責任となります。
また、上記とは話が変わりますが、架空の会社を使って在籍確認を代行する「在籍確認代行会社」というものもあります。しかし、こちらを使って申込をするのは身分詐称に当たるので、違法行為となります。在籍確認代行は利用してはいけません。

 

所得証明とは読んで字の如く、利用者の収入を証明する書類のことです。
所得証明書などの収入証明は、ある程度大きな額を借入する際に必要になる書類ですが、場合によっては少額の借入をする際にも必要なときがあります。

 

収入証明が必要とされるのは、利用者の収入の額が自己申告された収入と相違ないかを確かめるときや、大きな額の借入申込をする際に返済能力があるのかを確かめる為に必要になります。
一般的に普及している公務員や会社員などの方は、借入する際に銀行や消費者金融が指定している額に満たない場合は収入証明書を出す必要はほとんどありませんが、為替取引などの不安定な方法で収益を立てている方は収入証明書の提示が求められる可能性があります。

 

 

在籍確認にしても、所得証明にしても、本人の信用を測るために行われる物だと思っていただけたらいいと思います。初めて会った人にお金を貸すことになるので、用心深くなるのは仕方のないことですよね。

 

カードローンを利用する際に所得証明が必要な場合がありますよね。オリックス銀行カードローンでは、限度額が最高800万円と高額に設定されているので、書類の準備が面倒臭そうと思う方もいるかもしれません。

 

申込み時の必要書類はこれ!

このページではオリックス銀行カードローンの申込の際に用意してもらう必要書類の紹介をします。
オリックス銀行のカードローンを利用する際に必要な書類は簡単に振り分けると以下3点です。(審査の前に必要な書類です。)

 

・本人確認書類
契約する本人の「名前」「住所」「生年月日」が確認できる書類の写しが必要です。
オリックス銀行カードローンが指定している本人確認の書類は、

・運転免許証か運転経歴証明書
 (住所変更等で運転免許証の両面を提出)
・各種健康保険証
 (通院歴は家族分も含めて塗りつぶして提出。裏面に住所等が書いてある場合は両面提出)
・個人番号カード
 (マイナンバーカード)
・日本政府発行のパスポート
 (顔写真入りのページと本人記載〔氏名・住所〕のページを提出)
・在留カードか特別永住者証明書

です。
*上記以外の本人確認の書類を提出したいと言う方は、その書類が法廷書類である必要があります。
 確認はオリックス銀行に電話で問い合わせてください。

 

・所得証明書類

企業等に勤めている方
・源泉徴収表
住民税決定通知書・課税証明書
・納税証明書(その2)
・確定申告書(付表含む)(※)
個人事業主・会社経営者
・住民決定通知慮・課税証明書
・納税証明書(その2)
・確定申告書(付表含む)(※)

 

※税務署の受領印が押されているもの。E-tax使用の場合は、申告書のコピーと受信通知が必要。

 

預金口座振替依頼書
返済方法が口座引き落としに設定する方のみ必要です。
提携ATMでの振込で返済する方は必要ありません。

 

必要書類の注意事項
審査の結果次第で、上記に挙げた書類以外のものを用意してもらうこともあります。
・提出した必要書類は返却されることはありません。
・外国籍の方で通称名での取引希望をする方は、別途届出書類が必要になります。

 

 

必要書類はどこに提出すればいいの?

オリックス銀行カードローンはインターネットで申込をすることが主流となっています。
電話をして確認をしてみたところ、

 

郵送や電話の受付もしていますが基本的にはwebからの申込となっています。
電話や郵送でのお申込はどうしてもという場合に限らせていただいております。

 

という返事をいただきました。
なので、基本的には申込はインターネットで行うようです。

 

必要書類の提出のタイミングは、最終審査を通過した後です。
最終審査の通過が確定した時点でオリックス銀行からメールで必要書類アップロード用のURLが送られてきます。
このURLに接続をして必要書類を提出するので、必要書対の提出は申込の流れの中では一番最後の工程となります。

 

この必要書類のアップデートが終わっていないと、ローンカードを発行してもらって、家に届いてもカードを使用して借入をすることができないので注意しましょう。