オリックス銀行でお金が借りられない人|専業主婦・学生は借りられる?ブラックの場合は?

このページでは、オリックス銀行でお金を借りることが出来ない属性や借りることが出来ない理由についてまとめてみました。

専業主婦はオリックス銀行で借りることはできるの?

残念ながらオリックス銀行のカードローンは専業主婦の方は利用ができません
銀行法で運営されているオリックス銀行カードローンは貸金業法の規制である総量規制の範疇にはありませんので、法律的には借入が可能となっています。しかし、オリックス銀行カードローンを利用する為には「安定した月々の収入がある方」という条件を満たしている必要があるので専業主婦では利用する事が出来ないんです。

 

もしあなたがパートに出ているパート主婦であるなら話は変わります。月に3万円でも5万円でも安定して収入があれば、オリックス銀行カードローンで借入が出来るからです。

 

専業主婦の方はオリックス銀行カードローンを利用することが出来ないので、主婦の方でオリックス銀行カードローンを利用する際には必ずパートないし内職等の定期的に収入を得ている必要があります。
ここで1つ気になることがありませんか?
オリックス銀行カードローンの売りは高額融資の低金利貸し。パート主婦だと高額の融資を受けることって難しいと思いませんか?

 

実際にオリックス銀行カードローンはカード発行をして長期にわたって利用していけば利用限度額が増えていき利便性の高いカードローンとなるでしょう。しかし、今後何年後に高額で低金利の利用ができるようになるのかわからないオリックス銀行カードローンは主婦のキャッシングには向いていません。オリックス銀行カードローンの最高金利は消費者金融と大差ない金利設定となっているので、少額融資に使うにはオリックス銀行を利用するメリットがないんです。
ましてやカード発行までに少なくとも3日は見ておかなければいけないので、すぐにお金が必要な場合は違うところでお金を借りるしかありません。

 

専業主婦のあなたは専業主婦でも即日借入可能なみずほ銀行カードローンや三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、三井住友銀行カードローンなどの銀行カードローンを。
パート主婦で収入のあるあなたはメガバンクのカードローンや即日融資可能な消費者金融を利用する手が残っています。

専業主婦でも利用可能なカードローン一覧

専業主婦でも即日審査ですぐに借りれるカードローンはもちろんあります。ただ、専業主婦は配偶者に収入があるという信用で借入が可能になっているだけなので、借入上限を30万円としていることが多いです。旦那さんにばれる心配のない専業主婦の借入が可能で、即日審査・すぐ借入可能な人気のカードローンをランキングにしました。

 

三菱東京UFJ銀行
バンクイック

 

 

 

金利 最高限度額 口コミ評価
年率4.6%〜14.6% 30万円

専業主婦の借入OKなバンクイックは、申込から借入完了まで最短40分で完了する人気の銀行カードローンです。100万円を超える借入出なければ収入証明書の提示も必要ありませんので、専業主婦のあなたが申し込みに必要な書類は運転免許証などの本人確認書類だけ!
審査が最短30分で終わるので、家でweb完結申し込みを済ませた後に三菱東京UFJ銀行のATMコーナーに向かいテレビ窓口で審査結果聞き、その場でローンカードの発行をしてもらえばテレビ窓口内ですぐに借入可能です。
新規口座開設不要の即日審査・すぐ借入ならバンクイックの右に出る銀行カードローンはないでしょう。

 

 

 

 

みずほ銀行カードローン
みずほMy Wing

 

 

 

金利 最高限度額 口コミ評価
年率14.0% 30万円

女性の為のカードローンみずほMy Wingは専業主婦の方でも借入可能なカードローンです。金利は一律14%となっており、下手に金利変動の心配をしなくて済みますね。それならバンクイックよりも金利が低くて限度額が同じならみずほMy Wingの方が便利そうに見えますが、みずほ銀行カードローンの銀行口座を持っていないとみぞほMy Wingでは即日借入をすることが出来ません。審査回答は即日で行ってくれますが、みずほ銀行の口座を持っていないとすぐにカードローン利用をすることが出来ないんです。
みずほ銀行の口座を持っている方は即日でカードローン利用が出来るので、バンクイックよりもみずほ銀行で借入を行ったほうが良いといえます。

 

 

 

 

じぶん銀行カードローン

 

 

 

金利 最高限度額 口コミ評価
年率2.4%〜17.4% 30万円

専業主婦の借入OKのじぶん銀行カードローン。auの携帯を持っていると、金利が年率0.1%お得になるのでauユーザーの方はお得な借入が可能です。即日融資も可能なじぶん銀行カードローンではありますが、即日融資を受ける為にはじぶん銀行の銀行口座を持っている必要があります。もしじぶん銀行の銀行口座を持っていない場合は銀行口座開設をしてからの借入になるので、お金を借りるまでに1週間ほど時間がかかってしまう可能性があるので要注意です。
とはいえ専業主婦に借入をしてくれる銀行カードローンもあまりありませんので、専業主婦の方が借りれるという点だけ見てもりべbb性が高いと言えます。
最高金利は消費者金融と大差ありませんが、消費者金融では借入の出来ない専業主婦の方からしてみたらあまり気にすることではないのかもしれません。

 

 

 

専業主婦は収入がありませんので消費者金融で借入は出来ません。また、収入がないことで社会的な信用も低くあります。また、旦那さんにばれ内容に借入をしたいと言うことで、借りすぎによって返済できない状況を作らない為の上限限度額も低く設定されています。
専業主婦の方が借入をするときには借りすぎには十分注意してくださいね。

パート主婦であれば即日利用可能なサービス

パート主婦の方は安定した収入をご自身で持っているので消費者金融でも銀行でもキャッシング可能です。

 

三井住友コンシューマーファイナンス
プロミス

 

 

 

 

金利 最高限度額 口コミ評価
年率4.5%〜17.8% 500万円

パート主婦が即日キャッシングをするならプロミスがおすすめ!プロミスの瞬フリなら審査通過後に24時間365日指定の口座に振込が可能です(※三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座なら最短10秒の借入も可能です。)
また、主婦の方に嬉しいのは女性スタッフが全てのことに対応してくれるレディースプロミスです。女性のキャッシングは何かと不安が付き物。申し込み後の確認電話からその後のフォローまで全て女性オペレーターが担当してくれます。メールアドレスの登録と利用明細をweb明細に設定することで30日間の無利息期間をつけることも可能なので、パート主婦の即日キャッシングはプロミスがおすすめです。

 

 

 

三菱東京UFJ銀行
バンクイック

 

 

 

金利 最高限度額 口コミ評価
年率4.6%〜14.6% 500万円

専業主婦のキャッシングでもおすすめしている三菱東京UFJ銀行のバンクイックはパート主婦なら最高限度額の30万という規制がありません。無利息期間のあるプロミスやアコムとは違い無利息サービスは採用していませんが、消費者金融とは比べ物にならない程の金利の低さを持っています。
また、銀行法運営ですので借入限度額は個人の信用によって最高限度額までの借入も可能です。審査回答最短30分・借入まで最短40分のバンクイックはすぐに低金利で借りたいというパート主婦におすすめなカードローンです。

 

 

 

 

アコム

 

 

 

金利 最高限度額 口コミ評価
年率4.7%〜18.0% 500万円

アコムは初めてカードローンやキャッシングを利用するときにおすすめの消費者金融です。アコムではどんな些細なことでもコールセンターのオペレーターが丁寧に対応してくれます。パート主婦は総量規制の関係で年収の3分の1の金額までしか借入が出来ませんが、アコムの審査は最短30分で回答してくれるので即日キャッシングにはもってこいです。
プロミスと同様にweb明細の登録をすれば30日間の無利息キャンペーンも行っているので消費者金融での借入ならアコムがおすすめです。

 

主婦のキャッシングで審査に通りやすいのは消費者金融のカードローンです。消費者金融でのキャッシング審査通過難易度は銀行・信販会社・消費者金融の3種類の金融業者の中でも1番優しいと言われています。
主婦の場合は社会的な信頼がとても少なく、主婦がカードローンを利用するときには消費者金融で借入するのが最も審査通過の可能性があると言えるのです。

 

審査通過で重視されるものはクレヒス(クレジットヒストリー)と年収、世帯の状態や家族構成です。
主婦の方は高い年収を稼ぐことが難しいこともあり、年収以外での属性で信用を大きく勝ち取る必要があります。
主婦の審査通過を有利にするために大きく利用できるのはクレジットカード利用。クレジットカードの利用は極端に言えばお金を借りることと同意です。(クレジットカード会社が先に代金の立替を行い、後日クレジットカード利用者がお金を支払う仕組みになっているからです。)

 

クレジットカードの利用はクレジットヒストリーに登録されます。誠実に利用している内容も返済遅延などの事故情報もです。
主婦の方なら配偶者の収入を使用して主婦個人の名義でクレジットカードを作ることができるので、主婦のカードローン審査を有利に進めるならクレジットカードの利用が大きなポイントを担っています

 

主婦だけどどうしても銀行で借りたい場合はどうすれば良い?

消費者金融で借入をする際に、専業主婦の方は配偶者の同意書が必要になります。これは、総量規制という貸金業法に定められている年収の1/3までしか借りられないという規制に対し、収入の無い専業主婦が借りる為の特例措置の1つとして配偶者の同意が必要となるからです。
それだったら貸金業法に縛られない銀行で借り入れをしたほうが、配偶者にばれることもありませんし、簡単に借入ができます。

 

オリックス銀行では専業主婦の方は借入することができません。ではどうしたらいいのでしょうか?
答えるまでも無いかも知れませんが、他の銀行カードローンで借入をすればいいのです。メガバンクの銀行カードローンであれば専業主婦の借入にも対応しています。
バンクイックなどは専業主婦の借入に対して配偶者の同意もいらないところがおすすめできる点ですが、30万円までの借入に制限されています。

 

しかし、仮に限度額に制限がかかってしまったとしてもちょっとした入用の際にすぐに借りれる状況というのは主婦の味方となるはずです。
現在はカードローンに対する世間の見方も変わってきました。賢くすぐに借りることができればお金による生活の圧迫からも開放されるはずなので、カードローンをうまく利用するのも1つの手ですよね。

目次へ戻る

学生は借りられるのか電話で聞いてみました!

オリックス銀行カードローンでは学生の借入を行うことが本当にできないのかを電話してきいてみました。
この際に学生といっても収入の得かたに違いがあると思ったので、学生という身分を前提に以下のパターンで借入ができるかを尋ねてみました。
・学生(奨学金と仕送りで生活)
・学生(アルバイトで生活)
・学生(会社を起業して経営中)
この3パターンのどれかなら学生でもオリックス銀行カードローンを利用できるのではないかと思いましたが、考えが甘かったです。

 

電話内容はこのような形です。
当サイト管理人(以下管)
「もしもし。大学生なのですが、オリックス銀行カードローンの利用を考えています。学生でも利用することはできますか?」

 

オリ
「申し訳ありませんが、学生の方は利用対象外とさせていただいています。」

 


「バイトをしていて収入があってもダメなのですか?」

 

オリ
「そうですね。学生の方はそもそも申し込みフォームの職業選択欄に学生という枠が無いので、申し込むこともできないことになっています。」
※この時点で奨学金・仕送り生活パターンとアルバイトパターンは完全にアウトということがわかりました。

 


「じゃあ、近々起業を考えているのですが、会社を立ち上げて安定した収入があれば学生でも可能ですか?一応学生ではありますが、社会的な地位としては社会人と相違なくなりますよね?」

 

オリ
「起業した場合でも、学生というくくりとなりますので、いかに収入が安定していても借入することはできかねます。」

 


「じゃあ学生だとどう転んでも借りることはできないんですか?」

 

オリ
「そうですね。学生の方はご利用できないこととなっていますので。。。」

 


「そうですか。わかりました。」

 

オリックス銀行カードローンは学生では100%利用することができないことがわかりました。現在(2015年11月)では学生利用はできませんが、今後もしかしたら学生でも借入できる時期がくるかも知れませんので、それまでは他の消費者金融や銀行を利用したほうが無難かもしれません。

 

銀行カードローンでの借入は消費者金融での借入よりも安心感があって利用したい方も多いかと思います。ですが、銀行からローンカードを発行してもらってローンを組み融資を受けると言うことは言うまでもなく借金をすると言うことです。いくら銀行系と言っても金融機関から借り入れをすると言うことは変わりません。もちろん審査もありますし在籍確認だってあります。自分で十分に理解をした上で利用するようにしましょう。

 

カードローン利用は原則20歳を超えてからしか利用することができません。
オリックス銀行カードローンを利用できる方は以下の条件をすべて満たしている方です。

・お申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満の方
・原則、毎月安定した収入のある方
・日本国内にご在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)
・オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方

これだけを見ると、アルバイトをしていれば学生でも借りられるのではないかと思いますよね。ですが、2番目の項目の「安定した収入」という部分に引っかかる可能性がとても高いのです。そもそも安定した収入という点で、オリックス銀行では今の項目ができる前はこの項目を「年収200万円以上」と制限していました。その点を踏まえて、毎月安定した収入があるというのは学生アルバイトでは厳しいということです。

学生がカードローンを利用するときに生じるハードル

学生がカードローン利用するにはいくつかのハードルを越える必要があります。
1.年齢のハードル
2.借入先のハードル
3.収入のハードル

 

この3つのハードルを越えて初めて学生のカードローン利用が出来るのです。

 

1.年齢のハードル

カードローン利用はお金を借りる行為です。ここには契約を交わすという法律行為が行われることになるので、20歳を超えていない未成年の学生が借入するときには法定代理人(親権者)の同意が必要になります。また、法定代理人を介さないで未成年の貸付を行った場合、その法律行為は法定代理人の同意を得ていないものとして無効にすることができます。
その為、カードローン利用には20歳以上という縛りを付けているのです。
クレジットカードは18歳以上になれば作れますが、キャッシングカードやローンカードはクレジットカードとは異なり20歳未満の学生が利用できることはありません。

 

借入先のハードル

学生の借入となると、銀行カードローンでの借入が難しくなります。銀行カードローンはカードローン業界の中で最も審査の厳しいカードローンであり、信用のない学生が審査に通ることはまずありません。(バンクイック等、学生に対して条件を付けて貸付を行う銀行カードローンもあります。)

 

そうなると必然的に借入先が大手消費者金融や雑誌の裏表紙にのっている怪しげな中小企業の消費者金融に限られてしまうのです。

 

―収入のハードル―

学生は銀行カードローンでの借入が難しいことは前項で説明しました。ですが消費者金融で借入出来る可能性は残されています。

 

消費者金融での借入は貸金業者からの借入ということで、貸金業法に則った営業を行っています。ここで問題になるのは総量規制という制度の問題です。総量規制は年収の1/3までしか貸付をしてはいけないという法律となっていますので、収入が0の方は借入を行うことができません。つまり、学生でカードローンを利用するならアルバイトやその他の方法で収入を得ている必要があるのです。
例えばつきに5万円の収入があれば年間60万円の収入があることになり、総量規制の範疇である20万円までの借入が可能です。学生の場合、収入の多さによって借入できる金額が大きく変わりますので注意が必要です。
もちろん仕送りは収入には入りません。

 

結論:学生さんがカードローンでお金を借りるのは管理人としては推奨しません。

目次へ戻る

オリックス銀行カードローンはブラックの人でも借りれるの?

オリックス銀行カードローンではブラックの方は借入できません
金融事故を起こしてブラックになっている方はオリックス銀行カードローン審査を受けても通ることはないので、多重申し込みを避ける為にも審査を受けないようにしてください。

 

しかし過去に個人信用情報に異動情報(ブラック)が記載された方であっても、現在ブラックでなければ審査で門前払いを受けることはありません。
犯罪に時効があるように異動情報の記載にも時効が存在します。時効を過ぎると異動情報は消滅するので、オリックス銀行カードローンでも審査を受けることができます。
異動情報は異動の種類や登録される個人信用情報機関によって時効年数が変わりますので、あなたの異動情報が時効になっているか確かめてから申し込みをしましょう。
現在ブラックの方は申し込みをしても100%審査に通りません。時効を過ぎた人のみ申し込みをしてください。
また、時効がきて審査を受けることができても信用情報に不自然な空白があるかたはほぼ審査に通ることはありません。審査通過の確率は10%も期待できないと考えたほうが無難でしょう。

ブラックって何?カードローン利用におけるブラックの位置づけ

金融業に勤めたことのある方はわかると思いますが、私たちが口にする「ブラック」という言葉。正式な書類などでこんな言葉が書いてあることは無いですよね。じゃあブラックってなんのことなのでしょう?

 

ブラックとは個人信用情報機関に登録されている情報に「異動」と登録されていることを意味します。
この異動というのは、返済遅延や短期間での多重申込、多重債務や債務整理を行った情報のことを指し、異動が着いてしまうと個人の信用を下げてしまうことになります。ブラックリストという言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、実際にはそんなリストは作成されておらず、信用情報のデータベースにおいて個人ごとの信用情報を確認することで異動がついているかを判断しています。

 

異動情報は裁判における判決の言い渡しに似ている部分があります。
何故似ているのかというと、異動情報が着いた理由ごとに信用に関わる重みが変わってくるからです。犯罪を犯しても、その犯罪ごとに罪の重さが違うように、登録された異動情報によって事の重大さが変わってきます。

 

異動情報として最も重大な位置づけにあるものは「債務整理」です。
債務整理には「任意整理」「民事再生」「自己破産」の3種類があります。これらは借金の返済がどうしても行えなくなってしまった場合に行う法的手続きのことを指し、簡単な意味合いとしては「借金の踏み倒し」になります。借りたお金を踏み倒すということは、当然借入契約において最もしてはならない行為であり、これをすることにおいて個人の信用は底辺まで落ちるということになるのです。

 

2015年11月現在。信用情報の異動登録機関内に過払い金請求を行いましょう。などの宣伝で過払い金請求の駆け込み需要が高まっています。
しかし、覚えておいてほしいのは、過払い金請求は「任意整理」に位置づけられる法的手続きだということです。

 

払いすぎたお金が返ってくることで今ある借金の返済が軽くなる可能性はあります。しかし、任意整理の場合、債権者と債務者の間で任意整理の合意が取れた時点から5年間異動情報が消えることはありません。つまり、任意整理を行ってしまうと、最短でもその後5年間は住宅ローンやマイカーローンなど、生活に必要な高額な支払いに対してローンを組むことが高い確率でできなくなります。
現状の返済で生活できないほどの圧迫が無いのなら、過払い金請求はしっかりと考えて行ったほうが良いといえます。

 

銀行や消費者金融で登録している個人信用機関(CICやJICC、全国銀行個人信用センター等)は異なります。しかし、そのほとんどが個人の信用情報を共有していると考えてよいでしょう。つまり、私たちの信用情報は銀行・消費者金融・信販会社(クレジットカード会社)に筒抜けということです。
自分の信用情報が今どのようになっているか知りたい方は現在借入をしている金融機関の登録している信用情報機関に問い合わせて信用情報の開示を求めてみてください。手数料で多少の500円から1000円程の料金は取られますが、自分の状況を知れるなら安いものかもしれません。
ブラック認定を受ける主な異動情報は

・申し込みブラック
・返済遅延ブラック
・多重債務ブラック
・債務整理ブラック

それぞれに時効が存在するので、あなたの異動情報の時効を確認していきましょう。

 

・申し込みブラック
1ヶ月以内に3件以上の申し込みをした方に付く異動情報です。この異動情報は登録されてから6ヶ月間経たないと異動情報はなくなりません。申し込みブラックはブラックになってから6ヶ月経っていれば申込が可能です。

 

・返済遅延ブラック
返済延滞によってブラックになった方。金融機関が返済遅延で異動情報を信用情報期間に報告する場合、一定の条件を満たしている必要があります。一定の条件と言うのは2ヶ月以上の延滞がある場合。(61日を超える延滞が合った場合、金融機関は信用情報機関に異動情報を報告する権利を得ることになります。)また、90日間の延滞があった場合は信用情報機関に報告する義務が生じます。
1回や2回の数日の遅れだと延滞のブラックになっている可能性は低いので、ブラックではないと判断できます。
延滞の異動情報が記載されると5年間消えることがないのでブラックになっている方は前回の完済から5年経ってから借入を行うようにしてください。

 

・多重債務ブラック
本当はこんな言葉はありません。しかし、多くのところで借入を行っていると信用は地に落ちていると判断できます。また、多重債務者の多くは返済に難があるため、どちらかというと返済遅延や債務整理でのブラックになることが多くあります。多重債務の方は「今までにカードローン利用に問題がない」「おまとめローンを希望している」のどちらかに当てはまれば借入できる可能性があります。

 

・債務整理ブラック
債務整理には「任意生理」「民事再生」「自己破産」の3つの種類があります。これらは登録される信用情報期間や債務整理の種類によって時効期間が変わります。
少しややこしいですが、

任意生理⇒完済から5年
民事再生⇒完済から5年
自己破産⇒完済から7〜10年

という期間を経ているのであれば借入できる可能性が出てきます。

 

結局ブラックでも借入できるの?

このページでは時効と言う風に表現をしていますが、実際には異動情報が消滅する期間のことを指します。仮にブラックであったとしても、異動情報が消滅していればオリックス銀行カードローンでも審査を受けることが可能です。ですが、ブラックの情報が消えても審査通過の期待度はほぼないといえるでしょう。

 

オリックス銀行カードローンは1度ブラックになると借入が最高ランクに難しいカードローンです。ほぼ確定で審査に落ちることを覚悟してオリックス銀行カードローンの審査を受けるのか、ある程度審査のゆるい他のところで借入するのかをしっかりと考えてください。今後の人生設計と信用情報を天秤にかけ、自身のブラックの種類と消滅までの期間をしっかりと確認して申し込み擦るべきかを判断してください。

 

金融事故(返済の遅延や、債務整理を行った等)を起こした方は、信用情報機関に金融事故を起こしたことが登録されてしまいます。この情報は、融資を行っている金融機関で情報を共有しているため、いくら偽った情報を報告、記載してもすぐにばれてしまいます。
ブラックの方のこういった情報は5年間記録されてたのち削除されますが、この情報が出回っている5年間の間は銀行のカードローンや大手の消費者金融などのまともな金融機関からの融資を受けることは出来ません。

 

さらに詳しいことを言うと、
ブラックであった5年間借入が不可能な状態が続き、情報が削除された後は信用情報がまっさらな状態になります。ある程度年齢がいった方の信用情報がまっさらな状態というのは「この人は金融事故を起こした」ということが一発でばれてしまう状態なのです。なので、金融事故の情報がなくなっても信用が無い状態が続くということです。そうなると、事故情報がなくなっても金融機関で借入を行うことができません。

 

信用のない状態で借り入れをするには、まず信用を築きあげなければいけません。そうなった場合、クレジットカードの分割払いや、ローンの返済を事故なくこなし、信用を築いていく必要があるのです。

 

ブラックになった方は、ブラックの間5年間と信用を築く期間を含め、約7年間は借り入れができないものだと考えた方がいいですね。
ちなみにすでにオリックス銀行のカードを持っている方は、返済遅延などの事故を起こした後にあるオリックス銀行からの連絡(遅延損害金を含めた振込の連絡等)の支持に従わないとその時点でカードの利用ができなくなります。
*これはオリックス銀行のHPには書いてありませんが、一般的に銀行カードローンや大手消費者金融のカードローンはこのような措置がとられます。

 

ブラックの方は基本銀行系カードローンと大手消費者金融での利用ができなくなってしまいます。また、金融事故を起こした情報は保存される為、金利の安いところへのおまとめローンなどをしたくてもできない可能性も出てきます。
ブラックの情報は自分だけでなく、自分の家族にも影響が出る場合があります。自分の子供がローンを組めない状況にならないように返済日をきちんと守り、銀行ローンとはうまく付き合っていきましょう。

目次へ戻る