おすすめのおまとめローン審査先は?

おまとめローンは金利や月々の返済額、総返済額等の全ての負担が減らなければ意味がありません。多重債務になっている借入先を1つにまとめるだけなら消費者金融を使うのも一つの手です。

 

ですが、おまとめローンはあなたの負担が減るからこそ意味があるので、選ぶなら銀行カードローンとなります。おまとめローンで気をつけるポイントと、おまとめローン審査に通るポイント。おまとめローン審査を積極的に行っている銀行カードローンを紹介します。

 

おまとめローン審査におすすめなのはどこ?

 

おまとめローン審査で重視するのは借入に対する誠実さ。

 

多重債務を抱えている時点で誠実さも何もないと思いますが、多重債務をまとめるおまとめローンだからこそ審査を受けるときには誠実さが最も重要になるのです。

 

最短即日審査回答可能の銀行カードローンででも、利用者の誠実さを測るためにおまとめローン審査には1日〜3日程時間がかかる場合がほとんどです。

 

しかし、おまとめローンという高額融資の申し込みは誠実さや返済能力などをしっかりと把握し、その上で借入ができる状態なのか間違った判断をしないようにする為なので、その点は仕方のないことです。

 

あなたがカードローン利用対して誠実であればおまとめローン審査も問題ありません

 

考えてみてください。

 

即日審査であなたの誠実さや悩みの深さは判断できるでしょうか?

 

あなたのことを考えて借入可能かどうか、おまとめローンをして損をしないのか判断してくれる方が安心して借入できると思いませんか?

 

おまとめローンOK!借入先変更OK!など、おまとめローンに対して好印象な宣伝をしている銀行はたくさんあります。

 

ですが、おまとめローンの先駆けである東京スター銀行でもおまとめローン審査が厳しく審査に通ったという話はあまり聞きません。

 

カードローンのスペックやおまとめローン満足度がとても高いという実績がある銀行カードローンをしっかりと吟味して選択をするようにしましょう。

 

おまとめローン審査のポイントは?

おまとめローン審査 に積極的な銀行カードローンはどこ?

おまとめローン審査は今までのカードローン審査のときよりも誠実さをアピールする必要があります。多重債務をしているあなたのカードローン利用状況は金融業者に筒抜けになっているからです。
自分を良く見せようと虚偽の申込をしてしまうと、おまとめローン審査に通ることはありません。通常のカードローン審査も同様ですが、多重債務をまとめるおまとめローン審査は、通常のカードローン申込よりもあなたの信用を買ってもらわなければ実行できないのです。

 

おまとめローン審査のポイントは4点。

・借入金額の少ないところを先に返済してしまう
・1度に多くの金融業者に申し込みをしない
・金融事故をおこさない
・転職をしない

この4点を押さえていればほぼおまとめは成功します。おまとめローンを考えたとき、この4点を思い出して可能な限り実行して審査を受けるようにしてください。以下詳しく解説していきます。

 

―借入金額の少ないところを先に返済する―

おまとめローンの審査を検討していると言うことは現在多重債務を抱えている状態でうよね。おまとめローンとは言うものの、多重債務の借入先が多すぎる場合は審査通過の妨げになります。多重債務の借入先の数の目安は3社以内に抑えること。現在4社以上の借入がある方は借入金額の少ないところをすぐに完済してください。おまとめローンの審査は多重債務の借入件数を重視します。

 

―1度に多くの金融業者に申し込みをしない―

おまとめローンの審査通過率は通常の借入よりも厳しいものとなります。審査通過できなくても、短期間で複数社へのおまとめローン申し込みは絶対にしないでください。通常の借入でも1ヶ月以内に3社以上の申し込みをすると申込ブラックとよなり半年間借入が出来なくなります。
おまとめローン審査を半年間受けれない状況にならないよう、落ち着いて行動してください。

 

―金融事故を起こさない―

金融事故を起こすと信用情報に記載される事故情報は完済後の一定の期間が経たないと消えません。おまとめローン審査の通過難易度を考えると金融事故を起こしているだけで審査通過の可能性がなくなってしまい、おまとめローンを行うことが出来ないことがわかります。

 

―転職をしない―

おまとめローンは高額の借入をすることと同義です。転職を繰り返していたり、多重債務を抱えたまま転職をして収入が安定していない状況ではおまとめをすることは出来ません。転職を考えていても、おまとめが成功するまでは転職をしないようにしてください。

 

おまとめローンの成功は金利負担・返済額の減少が鍵

おまとめローンを成功させるには3つの条件をクリアすることが大切です。

・金利負担を下げること
・月々の返済金額が減ること
・返済総額が減ること

おまとめローンは金利や返済総額が減少しなければ成功とはせん。おまとめローンの失敗例として良くあるのが、金利負担と1回の返済額は減ったが、返済総額がおまとめをする前より高くなることです。これは、月々の金利負担と返済額が減って喜んでいたら返済回数が多くなって返済総額が増えてしまったというパターンです。
直近の負担が軽くなっても、おまとめをしたことによって最終的な負担が大きくなっては成功とはいえません。金利負担と月々の返済額、返済総額の減少がおまとめローン成功の条件です。

 

高額をかりるのにおすすめな低金利銀行カードローン

おまとめローン審査 に積極的な銀行カードローンはどこ?

おまとめローンに積極的な銀行カードローンは金利が低く、再考限度額の高いカードローン。

 

返済計画さえしっかり立てれば高額のおまとめをしても失敗することはありません。

 

限度額がたかく、高額を借りたときに低金利で借りれる銀行カードローンを紹介します。

オリックス銀行カードローン

おまとめローン審査 に積極的な銀行カードローンはどこ? −金利−      −限度額−

1.7%〜17.8%    最高800万円
銀行カードローンでまず思い浮かぶのがメガバンクのカードローン。ですが、そんなメガバンクのカードローンよりもおすすめなのがオリックス銀行カードローンです。最低金利が業界トップクラスで、メガバンクのどこにも負けません。カードローン利用の際の口座開設も不要で、保証会社も2社もっているから1度の申し込みで2度の審査を受けることができ、審査通過も望みが持てます。最低返済額も高すぎず低すぎずで、返済にで失敗する心配もありません。高額の借入を低金利で行うならオリックス銀行カードローンに申し込みをしてみてください。

東京スター銀行

おまとめローン審査 に積極的な銀行カードローンはどこ? −金利−      −限度額−

5.8%〜14.8%    最高1000万円
オリックス銀行カードローンには金利が劣りますが、東京スター銀行のおまとめローン専用ローンもおすすめです。おまとめローン専用なので、多重債務で悩んでいる方にはうってつけです。今なら仮審査を受けて翌々月までに利用をすると20000円プレゼント!限度額が高いのが魅力です。

三井住友銀行カードローン

おまとめローン審査 に積極的な銀行カードローンはどこ? −金利−      −限度額−

4.0%〜14.5%    最高800万円
金利も限度額もオリックス銀行や東京スター銀行には負けますが、融資スピードなら負けません。おまとめローンを行っている銀行の中でも1番スピードがあるのが三井住友銀行カードローンです。金利も限度額も負けるといいましたが、一般的にみると金利も低く、限度額も高いのでおまとめローンにはもってこいのカードローンです。

 

おまとめローン審査比較

おまとめローン先を決めるときはカードローンの比較ポイントを押さえることが大切です。おまとめローンはカードローンの借入額が大きいものとなります。そのため、比較ポイントとして金利と限度額の高さに惹かれてしまいますが、大事なのは

・おまとめローンに向いている金利設定になっているのか。
・おまとめローンに向いている限度額設定がされているのか。
・おまとめローンに向いているカードローンサービスになっているのか。
・おまとめローンの審査に積極的なのか。

の4点。
多重債務を抱えているときは冷静な判断ができにくくなっており、おまとめローン審査に通りにくいカードローンに審査申し込みをしてしまうことがあります。審査を受けるときにはおまとめローン審査に向いているか・おまとめ向きのカードローンサービスになっているかを判断する必要があります。

 

おまとめローン審査に向いているかのチェックポイントは

・最高限度額の高さ
・最低金利の低さ
・最高金利の高さ
・最低返済金額の高さ

このチェックポイントを見極めてあなたのおまとめがうまくいくカードローンを選んでいきましょう。

 

―最高限度額の高さ―
おまとめローンをするならある程度の限度額の高さを担保しているカードローンを選ぶことが大切です。銀行カードローンや消費者金融での貸付は最高限度額を500万円と設定していますが、おまとめローンをする際には500万円を超えている限度額のあるところを選ぶと良いでしょう。限度額が高ければ収入証明書不要の借入金額も高くなり、申込時の面倒が少なくなるというメリットもあります。

 

―最低金利の低さ―
最低金利が低いと言うことは高額借入をしたときの金利が低くなると言うこと。数万円・数十万円の借入なら最高金利は気にする必要はありませんが、おまとめローンのような高額借入の場合は最低金利の低さも大きなポイントです。

 

―最高金利の高さ―
銀行カードローンは最高金利の低いカードローンが存在します。最高金利の低いカードローンはカードローンの敷居を低くして多くの顧客の借入を可能にしており、どちらかと言うと少額融資が得意でおまとめ向きではありません。逆を言うと最高金利を高く設定している銀行カードローンは高額の融資を得意としており、おまとめローン向きのカードローンだと判断できるのです。

 

―最低返済額の高さ―
最低返済額が低いほうが良いという方もいますが、おまとめローンの最低返済額は低ければよいと言うことではありません。おまとめローンは最低返済額が低いことで返済が長引き総返済額が信じられないくらい高くなる場合もあるのです。
高すぎず低すぎない最低返済額を設定しているカードローンでおまとめローンを行うことがおまとめローンを成功させる為に重要なポイントです。

 

おまとめローン審査で銀行カードローンがおすすめなのはなぜ?

おまとめローンはどこで審査を受けるにしても金利と返済額の少なくならなければ意味がありません。そこで考えていただきたいのは銀行と消費者金融ではどちらが金利負担を大幅に減らすことができるかと言う点です。
単純に考えて消費者金融よりも銀行カードローンの方が通常の借入でも低金利で借入ができるわけですから、銀行でおまとめローンをしたほうがお得に借入ができるわけです。

 

また、銀行カードローンとは違い消費者金融では最高限度額が500万円とおまとめをするには間に合わない可能性が出てくる限度額設定をしているところが多くあります。大手消費者金融のアコムやプロミスではおまとめ専用の商品を用意していますが、おまとめ専用商品の限度額は300万円とかなり低めの設定になっています。この点で見ても最大限度額の高い銀行カードローンでおまとめをしたほうがおまとめローン利用者からすると利点になると言えますね。

 

おまとめローンと普通の融資だと何が違うの?カードローン商品としては同じだよね?

おまとめローンといっても、多くの銀行や消費者金融ではおまとめローン専用商品を用意していません。
なので、形的には一般的な銀行融資や消費者金融で融資を受けるのと変わりは無いのです。
しかし、商品は同じでも審査の通過面でみると話が変わってきます。

 

カードローン融資では初回借入では多くの方が100万円未満の借入になります。というのも、初めのての借入でまだその人が信用に値するかを測りきれていない状態です。信用のない人に貸付をし、なにかトラブルがあったら貸した側が損する可能性があるからです。
貸付や借入というのは単なるお金の移動ではなく信用の売買です。信用が高ければ動く額も大きくなりますし、信用がなければお金が動くことが無い場合もあります。

 

おまとめローンは100万円を超える多重債務をまとめることが多いので、審査通過が難しくなるのは容易に想像できます。
しかし、多重債務者であっても今までに問題起こさず返済を行ってきたならおまとめ審査を受ける事をおすすめします。今までに大きな額の返済を問題なく返済できていれば信用は積み重なっているからです。

 

おまとめローンのような大口融資の契約となると債権者の脳裏には「ちゃんと回収できるのか。」という不安がよぎります。なので、おまとめローンの場合は今までの返実績を重視して見られるという事を覚えて置いてください。

 

普通の融資とおまとめローンの違いは審査通過の難易度です。

 

 

消費者金融でもおまとめローンは出来る

おまとめローン審査 に積極的な銀行カードローンはどこ?

銀行カードローンだけではなく消費者金融でもおまとめローンをすることが出来ます。
消費者金融には総量規制という貸金業法で定められた制度があります。この制度は、前年度の年収の3分の1までの金額しか債務者に貸し出しをしてはいけないというものです。
つまり、消費者金融では前年度の年収が300万円だった人には100万円までしか融資をしてはいけないと法律で定められているのです。ではなぜ消費者金融でもおまとめローンが出来るのでしょうか?
それは総量規制には
「顧客に一方的に有利になる借換え」を例外とする
と定められているからです。
顧客に一方的に有利になる借換えとは、現在の金利負担や返済額、総返済額が軽くなることをさします。なので、おまとめローンは総量規制の対象外になるのです。
こういった理由があるから消費者金融でもおまとめローンを行うことが出来ます。

 

おまとめローンにおすすめな消費者金融

おまとめローンにおすすめな消費者金融は、おまとめ・借り換えでも利用OKと公言している消費者金融。消費者金融は総量規制によってあまり高額の貸付をしません。しかし、その中でも高額なおまとめや借り換えをやっています!と公言している消費者金融はおまとめローン利用者に積極的に貸付をしていると判断できます。
ここではおまとめローン審査におすすめな消費者金融を紹介します。

アイフル
金利 最高限度額 総量規制
4.5%〜17.5%
(借り換えMAX)
12.0%〜15.0%
(おまとめMAX)
500万円 対象外
消費者金融の中で最もおまとめローンにおすすめなのがバナナマンのCMで有名なアイフル。おまとめローン専用のカードローンサービスと借り換え専用のカードローンサービスを持っているという消費者金融の中ではおまとめローンにとても積極的なカードローンです。プロミスやアコムはおまとめローン専用のサービスを行ってはいますが、限度額を低く設定しています。しかし、アイフルでは最高限度額500万円と総量規制の対象外になっている貸付にも柔軟に対応しています。消費者金融で積極的におまとめローン審査を行っているところを探しているならアイフルがおすすめです!
SMBCコンシューマーファイナンス
プロミス
金利 最高限度額 総量規制
6.3%〜17.8% 300万円 対象外
瞬フリや無利息期間などのサービスが充実しているプロミスはおまとめローン専用のサービスも用意してあります。おまとめローン専用での借入となると少し審査に時間がかかる場合もありますが、気になることがあればプロミスのコールセンターに相談すると親身になって答えてくれます。

おまとめでの無利息期間についてコールセンターに問い合わせてみたところ、初めての利用だとおまとめローンでも無利息期間が使用できるとの回答をいただけました!
おまとめローンをインターネットで申し込む場合にはまずはフリーローンでの申し込みをしてから確認の電話のときにおまとめローン希望であること。急ぎであること等を伝えると申し込みが可能ですので、時間のあるときにインターネットで申し込みを済ませておくといいでしょう。
基本的には電話でのみの受付になるので、すぐに申し込みをしたい方はコールセンターに電話するといいですね。
※webでおまとめローンの申し込みをする場合には現状の多重債務が全て銀行であることが条件になります。銀行での借入は総量規制とは関係のないもになるので、銀行カードローンで多重債務をしていれば貸金業法の規制には何一つ引っかかることはありません。なので、フリーローンでの借入申し込み⇒電話でおまとめ希望と伝えればおまとめローンでの申込が可能になります。

アコムもプロミスも基本的にはおまとめローンの契約は電話申込となっています。その為、もしweb申し込みでおまとめローンをするならまずはフリーローンと言うことで借入申し込みをする必要があります。そのため、現状で総量規制に引っかかっている方や引っかかりそうな方はおまとめの申し込みをwebで行うことが難しくなります。

 

確かにおまとめローンは銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査通過の可能性が大きくなります。しかし、金利等のやおまとめできたときのメリットを考えるのであれば銀行カードローンでのおまとめローンが現実的です。

 

消費者金融でのおまとめローンはおすすめできない

消費者金融でもおまとめローンは出来ます。借入審査の厳しさは「銀行>信販会社>消費者金融」といわれているので、審査の面を見ると消費者金融でおまとめローンを行うことも1つの手です。しかし、消費者金融でのおまとめローンをおすすめできない決定的な理由があります。
それは
金利が銀行に比べて圧倒的に高い
ということ。
消費者金融の金利は、貸し出しの為の資金調達コストも含めて利益を出す為に高く設定されています。なので、消費者金融でおまとめローンをしても返済総額が高くなってしまう可能性があります。返済総額が高くなってしまってはおまとめローンをする意味がなくなってしまうので、消費者金融でのおまとめローンはおすすめできません。

 

おまとめローンの失敗例―消費者金融でのおまとめでありがちなこと―

おまとめローンには失敗が存在します。おまとめローンを成功させるには金利と返済額が減ることが前提条件です。消費者金融でのおまとめで起こりがちなおまとめローンで失敗例を見てみましょう。

 

1.おまとめローンで金利負担がが高くなってしまう例
おまとめローンは借入金額が少なくても複数の金融業者からの借入を1つにまとめれば成立します。
現在の金利負担は利息制限法という法律のもとで年率が
100万円以上⇒15%以下
10万円以上⇒10%以下
10万円未満⇒20%未満
と定められています。
消費者金融の金利相場が最大金利17%〜18%となっていますので、100万円以内の借入なら最大金利の18%でのおまとめと言うことにもなりかねません。

 

極端な例で説明すると
A銀行で50万円を金利14%。
B銀行で20万円を金利14.5%で借入をしているとします。
合計70万円になる借金を最大金利18%の消費者金融でおまとめをして、年率18%と設定されたら金利負担はどれくらい変わると思いますか?

 

おまとめローンをする前の月々の金利負担は
A銀行⇒約5800円
B銀行⇒約2400円
合計で約8200円の金利負担になります。

 

これを年率18%の消費者金融でおまとめローンしてしまうと
月々の金利は月々約10400円になります。

 

金利負担がおまとめローンをしたことによって2000円以上上がったことが分かりますね。
このように月々の金利負担が増えてしまうことで起きるおまとめローンの失敗は少なくありません。

 

2.おまとめローンで合計返済額が多くなってしまう例
多重債務の借入件数が4社で借入金額が100万円。毎月の返済が各1万円で合計で4万円の返済を行っているとします。金融業者には各業者ごとに定めている最低返済額がありますので、その返済額を下回った返済を行わなければ返済遅延などの問題が起きることはありません。

 

おまとめローンで借入先を1つにすることで最低返済額はほとんどの場合下がります。今までの4社に合計で4万円返済を行っていても、おまとめをして最低返済額の2万円で済むことも考えられます。これによって、月々の生活の不安定さを拭う為に一度に返済する金額を下げてしまうと最終的に返済する額が膨れ上がってしまうのです。

100万円の借入に対して多くの金融業者が定めている最低返済額は2万円です。
月々の生活が安定しても合計返済額が多くなってしまってはおまとめローンの成功とはいえません。

 

 

おまとめローンと借り換えローンでは何が違うの?

おまとめローン審査 に積極的な銀行カードローンはどこ?

おまとめローンと借り換えローン。両者共に他社への借り換えを行う場合が多い為、同義ように感じるかも知れません。似ているところが多いおまとめと借り換えですが、細かく分類していくと両者の違いがはっきりとわかります。そんなおまとめローンと借り換えローンの違いについて説明していきます。

 

おまとめローンとは

おまとめローンは多重債務(2社以上の借入)をしている方が1つの金融業者に借金をまとめる借り換える事。又、2社以上の借入があり、そのうちのどこかの金融業者を使ってその他の借金をまとめる方法のことを言います。

 

簡単に言うと、多重債務を1つの業者にまとめることをおまとめローンと言うのです。
※現在借りているところでおまとめを行う場合は「限度額の枠を大きくする再審査を受ける」ということになりますので、今までの利用情報が重視される審査になります。別のところで借り換えのおまとめを行うと「新規の審査」となりますので、自分の利用状況に合わせておまとめ先を決めるのも大切です。

 

借り換えローンとは

借り換えローンとは、現在負っている借金を別の業者に借り換えることを指します。現状の借入条件に問題がある場合に行うことが多く、1社しか借入先がなくても他社に乗換えを行うと借り換えという枠組みに分類されるのです。

 

※借り換えローンの場合は「新規申し込み審査」ということになりますので借り換えの審査は個人の信用情報がとても大切になります。借り換えをお考えなら信用情報に傷が付かないようなカードローン・クレジットカード利用を心がけましょう。

 

おまとめローンと借り換えローンの違いは。。。

複数の借入先からの借金を1つの業者に借り換え、または絞ることをおまとめローンと言い、現状の借入先と違うところに乗換えを行う借入のことを借り換えといいます。

 

両者は若干被るところがある為わかりづらいかも知れませんが、ちょっとしたところで違いがあるので豆知識として覚えておくといいかもしれませんね。