みずほ銀行カードローンとの比較結果。金利と最低返済額はどのように違うの?

最低金利が業界最低水準のオリックス銀行カードローン。最高利用限度額も800万円と業界最高水準にあるカードローンとみずほ銀行カードローンの金利比較をここでは紹介します。

借入金額 100万未満 100万超150万以下 150万超300万以下 300万超400万以下 400万超500万以下
オリックス銀行 12.0%〜17.8% 6.0%〜14.8% 5.0%〜12.8% 4.5%〜8.8% 4.5%〜8.8%
みずほ銀行 14.0% 12.0% 9.0%〜12.0% 7.0% 6.0%
借入金額 500万超600万以下 600万超700万以下 700万超800万以下
オリックス銀行 3.5%〜5.8% 3.5%〜5.8% 1.7%〜4.8%
みずほ銀行 5.0% 4.5% 4.5%

(以降1000万まで4.0%)

 

オリックス銀行カードローンは金利が残高によってその都度変更するのに対し、みずほ銀行は金利の利率の線引きがはっきりとしています。残高によってはオリックス銀行の方が返済する際の金利が少ない場合もありますが、みずほ銀行は金利の利率のラインがはっきりとしている分返済額の計算がしやすいという利点があります。

 

また、みずほ銀行は最高利用限度額が1000万円と高く設定されていますが、オリックス銀行の最高利用限度額である800万円を借りる際にはオリックス銀行の方が金利が有利になると言えます。

 

金利がはっきりとしており、最低返済額がしっかり通している分みずほ銀行で借りる方が返済計画を立てやすい利点もありますが、残高毎に柔軟に対応してくれるオリックス銀行の方が良心的だともいえるかもしれません。

 

オリックス銀行カードローンとみずほ銀行カードローンの金利を比較するときは、みずほ銀行カードローンの金利変動があまり無いので、比較的簡単な指標で判断することが出来ます。

 

例えば90万円の借入をしたいと考えたとき、この場合オリックス銀行カードローンの利率変動は「12.0%〜17.8%」となります。それに対してみずほ銀行カードローンは「14.0%」です。単純に考えて、90万円の限度額を審査結果で通知された場合、オリックス銀行カードローンの場合では下限の12.05%に近い利率が当てはめられます。

 

つまり、当てはめられる金利はみずほ銀行カードローンの利率である14%より下回る可能性がほぼ決定しているとも言えます。高額を借りたとき、というのは1%と金利の差がだいぶ開くものです。自分が借りたい金額に当てはまる金利をしっかりと把握し、2つの銀行間でかかる金利をしっかりと判断しましょう。

 

参考
90万円の借入でオリックス銀行カードローンが12.5%の金利。みずほ銀行カードローンが14%の金利だとします。
この場合、初月返済に充てられる金利は一月(30日)で
オリックス銀行カードローン約9250円。
みずほ銀行カードローン約10350円。
1月で約1000円の差が出てしまいます。

 

結果的に借入額が低くなるにつれてオリックス銀行カードローンの金利はどんどん高くなっていきます。しかし、高額借入をしている状況で利息に元金返済分のお金が持っていかれるというのは、最終的な返済総額に多大な影響を与えてしまいます。始めにオリックス銀行カードローンで借入をし、みずほ銀行カードローンの金利を上回る金利になった時点でみずほ銀行カードローンへ借り換えをするのもひとつの手ですね。

融資額ごとの最低返済額比較表

オリックス銀行カードローンの最高限度額は800万円と業界トップクラスの利用限度額を誇っています。そんな中で最高限度額1000万円を誇っているみずほ銀行との最低返済額の比較はどのようになっているのでしょうか?
このサイトはオリックス銀行がメインなので、オリックス銀行をメインとして比較をします。

借入 30万以下 30万超50万以下 50万超100万以下 100万超150万以下 150万超200万以下
オリックス銀行

7000円

10000円

20000円

30000円

35000円

みずほ銀行

10000円

10000円

20000円

30000円

40000円

借入 200万超250万以下 250万超300万以下 300万超400万以下 400万超500万以下 500万超600万以下
オリックス銀行

40000円

45000円

50000円

60000円

70000円

みずほ銀行

50000円

60000円

70000円

(300〜350万)

80000円

(350〜400万)

90000円

(400〜450万)

100000円

(450〜500万)

110000円

(500〜550万)

120000円

(550〜600万)

借入 600万超
オリックス銀行

80000円

       
みずほ銀行

130000円

(600〜650万)

以降50万円ごとに

返済額プラス1万円

       

最低返済額の視点でオリックス銀行と、みずほ銀行を比べてみるとオリックス銀行のほうが返済額を低く抑えることができるのがわかりますね。ですが、みずほ銀行は最高限度額が1000万円にもかかわらず最高金利がとても低いことが有名です。最低返済額は高くても、低い金利でそれなりの額を返すということは支払う金利が低く、返済期間を短くすることができる利点もあります。

 

2社と共に返済方法に変わりはなし

みずほ銀行での返済でも、オリックス銀行での返済でも、基本的な返済方法は変わりません。みずほ銀行だったら毎月の約定返済日(やくじょうへんさいび)が10日となっていますので、この日の前日までに返済にしていしている返済用のみずほ銀行口座に約定返済額を入れておく必要があります。

 

また、随時返済も可能ですが、随時返済を行ってもその返済した金額約定返済額から差し引かれることはありませんので、注意してください。※みずほ銀行カードローンは返済をみずほ銀行の銀行口座でしか行うことが出来ません。

 

オリックス銀行カードローンも約定返済・随時返済の形は変わりありません。しかし、オリックス銀行カードローンの場合は、指定できる返済口座の幅が豊富だという特徴があります。これらの点から言うと、口座開設不要のオリックス銀行カードローンの方が返済しやすいとうことがわかります。