オリックス銀行カードローン審査完全ガイド

オリックス銀行のカードローンが良いワケは!?

オリックス銀行カードローンのポイント

おまとめローン向きの金利!

*金利3.0%〜17.8%

最小借入額1000円からでもOK!

増額の枠が大きい!

大きい額を借りるなら断然 オリックス銀行カードローンがおススメです!

↓状況に応じて借入先を考えてみて↓

 

オリックス銀行 バンクイック

おまとめ借り換え

低金利で高額借りるならココ↑


高限度額・低金利銀行カードローンのオリックス銀行カードローン。大手銀行の中でも人気の高いカードローンはオリックス銀行です。
→詳しくはココ

低金利で小額を借りるならココ↑


小額借入の際に低金利で便利な三菱東京UFJ銀行バンクイック。三大メガバンクの三井住友銀行カードローン・みずほ銀行カードローン等の大手銀行カードローンの中でも、すぐにちょっと借りたい人に人気があるカードローンはバンクイックです。
→詳しくはココ

オリックス銀行は銀行の中でもカードローンに非常に力を入れています。そんなオリックス銀行のカードローンが良いという理由はズバリ!金利が安くて限度額が高い!ところです。オリックス銀行の金利は利用額のコースによって変動しますが、3.0%〜17.8%と他の金融機関と比べて低いと言えます。また、利用限度額最高800万円と高く、低金利で高額融資を受けられる点がとても魅力的です。返済額は借入残高によって変動しますので、利息負担が大きくなった返済金額になることもありません。
また、オリックス銀行は300万円までの借り入れなら所得証明書類が不要で、面倒な書類を用意する手間もありません。銀行口座開設も不要です!
銀行系カードローンの消費者金融のスピードには劣りますが、いつでもどこでもお近くのATMで利用ができてなおかつ提携ATMなら利用手数料も無料。カードローン利用が1000円単位での借り入れができるとなれば、急な出費にもすぐに対応できてとても助かりますよね。

        

 

金利

限度額

3.0%〜17.8%

最高800万円

4.6%〜14.6%

最高500万円

レイク

4.5%〜18.0%

500万円

モビット

4.8%〜18.0%

500万円

オリックス銀行カードローン特徴

オリックス銀行カードローンとオリックスVIPローンでは何が違うのか

 

オリックス銀行カードローンとオリックスVIPローンとでは何が違うのかパッと見では分かり辛いですよね。この2つのローンでの一番の違いは、総量規制の対象かどうかというところです。総量規制というのは、貸金法に定められている規制のことで、個人の借り入れは収入の3分の1までという決まりのことを言います。
いくら限度額が高くても総量規制に引っ掛ってしまっては求めている額の借り入れができません。

オリックス銀行カードローン審査はどうなっているのか

 

オリックス銀行は審査が甘い!ということは一概には言えません。なぜなら、審査の基準は各金融会社によって異なっているうえに、審査基準は公開されていないからです。ですが、総量規制がかからない点や審査の結果が早く届く点でオリックス銀行はおすすめできます。
オリックス銀行の審査は最短即日となっています。ですが、土日などを挟むと審査回答が2,3日遅れてしまうこともあるので融資が遅れてしまう場合があります。連絡方法は電話なのですが、希望によってはメールや書面での連絡を設定することもできます。また、審査が通ってからのカード発行をし、郵送で送られてくるので融資を受けるまでに3日程度時間がかかってしまう場合があるので、カード利用までに時間がかかります。審査は早くても急ぎの場合にはあまり向いていませんね。*カードローン契約の際にジャパンネット銀行の口座に振込みと指定した場合のみ即時振り込みも可能です。

 

オリックス銀行カードローンが選ばれる理由

 

オリックス銀行のカードローンは利用制限がされていません。おまとめや借り換え、引っ越し費用や冠婚葬祭など、使用用途に制限なく対応してくれます。また、30万円以内の借り入れに対しては返済金額月々7000円からの返済にも対応しています。月々の返済額が少ないので、生活を圧迫することなく負担の少ない返済計画を立てられるところも魅力の一つですね。初めての借入が希望額に満たなくても増額審査の対応もしっかりとしており、増額の際には一回に10万円単位での増額も可能なところも利用者としてはうれしいところですよね。
また、利用できる制限が広いという点も選ばれている理由です。
オリックス銀行では利用できる制限を

・ お申し込み時の年齢が満20歳以上65歳以下であること
・ 原則、毎月安定した収入のあること(専業主婦(主夫)、学生、年金受給のみの方は除く)
・ 日本国内にご在住であること(外国籍の方は、永住者または特別永住者であること)
・ オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられること

としています。
「※主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。」

借入までの流れ

オリックス銀行カードローンでの借入までの手続きの流れは以下の通りです。

1.インターネットから申込みフォームへ必要事項記入(24時間受付)

2.登録したEメールアドレスに受付メールが配信される。

届いたメールのEメールアドレス確認用URLをクリックし、受信確認をする。

(ここでEメールアドレスを確定しておくと、審査の結果がメールで届きます。)

3.オリックス銀行及び保証会社の所定の審査が行われる。

4.本人の意思確認

オリックス銀行から電話が来ます。

5.ローンカードの発行

ローンカードが発行され、自宅に送付されます。

6.必要書類の提出

本人意思確認後登録されたEメールアドレスに「必要書類アップロード用URL」が

届くので、そこから必要書類のアップロードを行う。

最終審査と必要書類の確認ができたらローンカード到着後よりご利用できます。

高額融資で低金利ローンオリックス銀行カードローン!

今ではセブン銀行などの少額をすぐに借りれるカードローンもありますが、カードローン利用を考える場合にはやっぱり高額の借入をしたい場合ってありますよね。さまざまな銀行や銀行系の消費者金融が限度額を500万円だったり800万円と高い利用限度額を設定している中で、金利がトップクラスに低いのがオリックス銀行カードローンです。イオン銀行も限度額が800万円で金利も最低3.8%と低く設定しているのですが、オリックス銀行カードローンには劣りますよね。
低金利ローンで高額借入を考えている場合にはオリックス銀行を利用するのが得策だといえます。

返済方法

オリックス銀行の返済方法は残高スライドリボルビング方式です。借り入れ残高に応じて返済金額が徐々に減っていく方法をとっています。利息の内訳は利用しているコースによって金利が異なり、借入残高によっても金利がアップダウンします。

カードローンの話

銀行と消費者金融の違いって?

現在カードローン業界にはさまざまな金融業者が参入しています。カードローンサービスとして有名なのはやはり銀行カードローンと銀行系消費者金融のかーどろーんですよね。ここではそんな銀行と消費者金融の違いについて紹介します。
プロミスやアコム、レイクなどの消費者金融は言わずとも知れている貸金業者です。お金を貸すことを生業としている業者になります。ですが、銀行はサービスの一環としてカードローンサービスという枠組みを作っています。なので、銀行は貸金業者という枠組みからは外れているんです。ここにどんな違いが出てくるのかというと、「貸金業法という法律が適用されるかどうか」です。利用するに当たり身近な例を挙げると貸金業法には総量規制という法律のことがあります。これは貸金業者が融資を行う際に、「その人の年収3/1間での金額しか貸してはいけない」という法律なのですが、貸金業者でない銀行はこの法律に当てはまることがありません。なので、年収の3/1異常の金額を借り入れしたい場合には銀行で借り入れすれば良いというわけです。
1番簡単に説明をすると銀行と消費者金融の違いにはこういったことが挙げられます。

あわせて読んでおきたいページ
給料日前にはキャッシングが欠かせないのです
給料日は月に一回しかないのに、出費は毎日あるので、次の給料日までお金を持たせるのが大変なのです。

計画的にお金を使っているつもりでも、交際費などの急な出費で、計画は見事に崩れ去ってしまうのです。
ですから給料日前にお金が尽きてしまう事もしばしばなのです。
こんな時に私はキャッシングのお世話になっています。
キャッシングは利息は高いですが貸し出し審査が緩いですから、直ぐに現金が借りられるところが良いのです。
日ごろ使うお金を借りるには、直ぐに現金が借りられることが大事ですから、私は日常的にキャッシングを利用しています。
キャッシングが私の経済を支えてくれています。
おまとめローンの審査

出張先で急にお金が必要になりキャッシングを利用
出張先で相手先の方をゴルフ接待することになっていたのですが、会社の手違いで接待費用を先に手出しすることになってしまいました。

恥ずかしいことに貯金など全く意識したことがない自分は、手元に1万円ちょっとしか持っておらず、ただただ焦るばかり。
会社に「立て替えるお金もってない」など恥ずかしくて言えるはずもなく…駅近くにあるキャッシングを利用することにしました。
短時間で簡単にお金を手にする事ができ、本当に安心して落ち着いた接待を行うことができました。
あの時、キャッシングでお金を借りることができなかったら…と思うと恐ろしいです。